女性の求人、転職で最も注目したい項目とは

女性の活躍の場は増えてきていますが、まだまだ十分とは言えません。ニュースなどで、職場で女性を雇うことに難色を示す業種があったり、女性を雇っても結婚や出産で仕事を続けることができないようになるのは困るといった理由で、女性の働く場が限られてしまうケースもあるようです。

昭和60年に、男女雇用機会均等法が施行されてから、30年が経過した現代でも、女性が仕事で不利だと感じることはあります。
そうした中で、仕事の求人や転職を考える女性に、これから就職活動をする上で、必要と感じる情報を紹介したいと思います。


≫ 女性にとって働きやすい職場(働きたいと思える職場)とは

まず、女性にとって働きやすい職場や、働きたいと思える職場とはどんな職場でしょうか。
自分の他に女性が多く働いている職場?
男女が協力してアットホームな職場?
女性の上司や仕事で成功した女性がいる職場?
育児や出産経験のある女性が働いている職場?
正社員として働くことができる?
どのような職場があなたにとって一番働きやすい職場になるのかは、あなた自身が求める働きたい職場の条件があると思います。
主婦でも働ける就職先を探している、キャリアップがしたくて転職先を探しているなど、その人の求人を探す条件は違います。
何を一番重要だと感じるか、あなたにとって働きやすい職場を探すようにしましょう。


≫ 自分のスキルを活かせる職場とは

結婚前は専門職についていて、そのスキルを活かした職場に再就職したいと思った女性も多いのではないでしょうか。
しかし、専門職になると時間の都合があわなかったり、女性で既婚、子育てがあるなど、専門職に就職するには超えなくてはならないハードルがあり、大変残念なことですが、こうした問題に理解をしてくれない職場が存在するため、自分のスキルを活かした専門職に再就職するのが難しくなったりすることがあります。


≫ キャリア女性に理解のある職場とは

もともと女性向けの職場では、キャリア女性も珍しくはありませんが、男性が主な働き手の多い職場では、キャリアを積むこと、女性の昇進が難しかったりすることがあります。
パートではなく正社員、正社員でもキャリアを目指しているという女性はいます。
これは会社のシステムを変える必要があったり、周囲の人に理解が無いと難しいです。キャリア女性が働いている職場の求人を探すか、自分で内部から変えていこうという気持ちがないといけません。


女性にとって仕事で何を求めるのか、どんな問題があるのかなど、就職する前に一度考えてみてはいかがでしょうか。